読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from薬学生・プロ選手

本当の本当です。現役薬学生と元歌舞伎町No.2ホスト、現海外プロサッカー選手が贈る記事。

運動効果を高めよう! 効率上げて無駄を取り返そう!

f:id:fromyakugakusei:20170518132725j:plain

 

そこのあなた、運動を健康のためやダイエットのために多くの時間を費やして頑張ったのに後ほど無駄だったのじゃないかと思うことありませんか?

 

そうなんです、運動は適切にやってこそ意義深くなるものです。

 

今回は運動を最適化するための秘訣を見ていきましょう!!

 

 

1)適度なウエイトトレーニングをしよう!

 f:id:fromyakugakusei:20170518132646j:plain

 

この画像ほどしなくても良いですが笑

 

ウエイトトレーニングと聞くと女性の方は特に抵抗があるかもしれません。

 

しかし、筋肉が増えれば、疲労や疾患、病原体や毒素への抵抗力が強まり、健康に良いのみでなく、日常の生活にも自信をを持てるようになります。

 

ウエイトトレーニングにより無駄のない筋肉を増量させることで、インスリン感受性と代謝率を高め、テストステロンと成長ホルモン濃度を(女性にとっては健康な量まで)増量させるのです!

 

しかし、筋肉を回復させる時間は与えるようにしましょう。

具体的には週3日までにしましょう!

 

また、一度だけ上げられる最も重いウエイトの約80%を使うとよいでしょう!

 

 

 

 

2)これを週一でやろう!

 

 

これは結構ハードな運動がしたい方用にはなるかもしれませんがお勧めです。

 

強い心肺をつくることを目的としたものになるのですが、インターバルトレーニングです!

 

ある研究では、高強度の運動を最低でも10分行うことが人の成長ホルモン分泌を最大化にするそうです。

 

具体的には30秒全力走ったら90秒休みます。これを15分が経過するまで行います。初めのうちはきつくて15分持たないかとは思いますができるようになるまで行います!

 

これを週一回15分やれば、毎日ジョギング1時間やるより心肺機能がよくなるようです!

 

 

3)空っぽの状態で運動する!

f:id:fromyakugakusei:20170518132835j:plain

 

ある研究によれば高カロリー、高脂肪食をとりながら、胃が空っぽの状態で運動するのが、最も筋肉量を増やし、全身の耐糖能を改善してインスリン感受性を向上させることが証明されているそうです。

 

また、トレーニングの日の夜はしっかり眠る時間を増やしましょう!

20分の運動は一晩の睡眠のニーズを3時間以上も増やすと言われています。

回復をしっかりと意識しましょう!

 

 

4)最後に

かといって気持ち的に最初からガッツリハードに取り組むのが難しいことも少なくはないでしょう!そこで

 

1時間30分というトレーニング時間は、あくまでジムに慣れている中級者~上級者向けの時間です。

ジム通い初心者がいきなり1時間30分もトレーニング時間に費やしてしまうと、ジムに行く足取りが重くなってしまいます。

 

になってしまいます。

ジム通いを継続させたいなら、初心者はジムでのトレーニング時間は40分程度に押さえましょう。

準備運動抜きで、トレッドミル15分。
ウエイトトレーニングはチェストプレスとレッグプレスの2種類でOK。腹筋と背筋を30回ずつ。合計25分。

from http://www.hazimetetensyoku.com/entry/2017/01/09/post-4516

 

 

このようにトレーニング時間を考える方法や

 

空いた時間に通うという考えは、ジム通いが続かない大きな要因です。
なぜかというと「今日は時間がなかったからしょうがない」などと、自分に言い訳できてしまうからです。

なので、ジムに行く日時はあらかじめ決めてしまいましょう。
ジム通いを会社通いと同じように義務化することで、「絶対に行かなきゃいけない」という思考になります。

from http://htob.info/archives/2580

 

曜日を決める方法

 

特に女性に言えるのですが、自分が気に入ったウエアを身につけると気分が上がります。
ジム通いを楽しみにするコツとして、トレーニングをする時の服装も1つのポイントです。

近年の健康ブームにより、スポーツメーカーもトレーニングウエアやシューズに力を入れています。 そのため、種類が豊富でデザイン性があるものも数多く販売されています。
その中から自分が気に入ったものを揃えることで、気分が高揚すると同時にトレーニング意欲も掻き立てられます。

from http://htob.info/archives/2580

 

ウェアで気持ちを入れることもできます!

 

あなたに合った方法で持続できるよう頑張りましょう!