読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from薬学生・プロ選手

本当の本当です。現役薬学生と元歌舞伎町No.2ホスト、現海外プロサッカー選手が贈る記事。

母子感染とは何かを理解し予防しよう!! 種類・症状も書いてます。

 

1)母子感染について

f:id:fromyakugakusei:20170507120652j:plain

母子感染とは母体から胎児や新生児に病原体が直接伝播する感染の形式のことで

垂直感染ともいいます。

 

種類としては妊娠中に胎盤や子宮を介して起こる経胎盤(子宮内)感染、出産時に産道で起こる産道感染、出生後に母乳を介して起こる母乳感染などがあります。

 

様々な段階で懸念されるんですね。

 

①経胎盤(子宮内)感染

トキソプラズマ原虫

 

 

先天性トキソプラズマ
 一般に、妊婦が初めてトキソプラズマ(原虫の一種)に感染すると、血液中に流入したトキソプラズマ胎盤を介して児に感染し、児に 水頭症すいとうしょうや 脈絡網膜炎みゃくらくもうまくえんを起こすことがあります。これを先天性トキソプラズマ症といいます。

 感染経路は口が主で、目や呼吸器もあるといわれています。経口感染の感染源は、食用肉・内臓(不十分な加熱処理のブタ・ヒツジ・ウシ・トリ、レバーなど)に含まれるトキソプラズマのシスト(嚢子)、あるいはネコの糞に多量に含まれるオーシスト(胞嚢体あるいは卵嚢子)があります。オーシストは土中で18カ月間感染性を有し、塩素消毒は無効です。

 from  トキソプラズマ症 治療など | 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア

 

梅毒トレポネーマ

 

先天性梅毒 
先天性梅毒は、妊娠中、または出産時に感染する症例である。感染した幼児の2/3は症状が現れない状態で産まれてくる。生後数年で、一般的に、肝臓、脾臓の増大、発疹、発熱、神経梅毒、肺炎といった症状が現れる。治療がなされない場合、鞍鼻変形、ヒグメナキス徴候、剣状脛、クラットン関節といわれる後期先天性梅毒の症状が現れる。

from  梅毒 - Wikipedia

 

風疹ウイルス

 

妊娠初期の女性が風疹にかかると、出生児が先天性風疹症候群(CRS)になることがあります。妊娠2カ月以内の女性が風疹にかかると白内障はくないしょう、先天性の心臓病(動脈管 開存症かいぞんしょう、肺動脈 狭窄きょうさく、 心室中隔欠損しんしつちゅうかくけっそん、心房中隔欠損など)、難聴の2つ以上をもって生まれてくることが多いとされています。

 妊娠3~5カ月に感染した場合でも難聴が多くみられます。その他、子宮内での発育が遅い、 網膜もうまくの病気、 緑内障りょくないしょう、 小頭症しょうとうしょう、 髄膜炎ずいまくえん、精神運動発達に遅れがある、肝臓や 脾臓ひぞうがはれる、血小板減少性紫斑病などの症状が赤ちゃんに認められる場合があります。

 from 風疹(三日ばしか) 症状、治療など | 感染症 - Yahoo!ヘルスケア

 

パルボウイルス

 

妊婦、特に妊娠初期の感染は胎児水腫を引き起こして胎児を死亡させたり、流産したりする危険がある。ただしB19ウイルスに感染した母体から正常に生まれた新生児にB19の感染が確認された例でも、その後新生児が正常に発育している例もあり、必ずしも感染により先天異常が起こるとは限らない。また母子感染の時期もはっきりしていない。

from パルボウイルス - Wikipedia

 

B型肝炎ウイルス

 

致死的な 劇症肝炎げきしょうかんえんにならなければほとんどの人が完治します。

しかし、免疫力の発達していない乳幼児期に、B型肝炎ウイルスに感染すると抗体ができず、ウイルスは体のなかに存在し続けることになります。これを持続性感染といい、これらの人をウイルス保有者(キャリア)といいます。これらの人の一部に慢性の肝臓病が出てきます。

 from B型急性肝炎 症状、治療、原因など | 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア

 

ヒト免疫不全ウイルス

 

HIVは免疫をコントロールするヘルパーTリンパ球(CD4リンパ球)に感染します。HIVは感染したCD4リンパ球を壊して減少させていきます。そのため、身体を病気から守っている免疫機能が低下し、健康な状態では発症しないような症状を呈してしまいます。

from HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が引き起こす症状について |メディカルノート

 

これらの感染が引き起こされる可能性があります。

 

②産道感染

ガジンダ

 

ある調査によると、膣内にカンジダ菌をもっている女性は妊娠していない人で約15%、妊婦で約30%との結果もあります。生涯において75%の女性が一度は経験し、45%の女性が2回以上発症しているとのデータもあります。性器カンジダ症は免疫力が低下しているときに発症しやすいため、免疫力が高まると自然に治ることもあります。日和見感染(健康な人には感染症を起こさない微生物が原因菌となる感染症)のひとつでもあることから、軽度であれば自然治癒することがほとんどです。ただし、おりものの異常、強い痛みやかゆみ、排尿障害がある場合は重症の可能性がある

from 【医師監修】性器カンジダ症が自然治癒することはある?放置は危険? | ヘルスケア大学

 

淋菌

 

未治療のまま、淋病を放置すると、男性、女性共に取り返しのつかない問題に遭遇する可能性があります。

女性において、淋病は骨盤内炎症性疾患(PID)のありふれた原因のひとつです。

出産時、産道を通り抜ける赤ちゃんに淋病がうつることがあります。

こういった感染では、赤ちゃんを、失明、関節への感染、血液への感染といった危険にさらす事になり、時には、命に関わるような状態になるかも知れません。

from  淋病(淋菌感染症) | kensa.biz

 

単純ヘルペスウイルス

 

新生児ヘルペス…母子感染などによって発症するもので、生後間もなく発熱、黄だん、呼吸障害などの症状が現れます。脳症などの後遺症が残ったり、死亡するケースもあります。

from 再発を繰り返す単純ヘルペス

 

B型肝炎ウイルス

上記

 

ヒト免疫不全ウイルス

上記

 

などによる感染が懸念されます。

 

③母乳感染

f:id:fromyakugakusei:20170507120741j:plain

成人T細胞白血病ウイルス

 

・幼少時に母乳を通して母親から感染した場合のみ症状が出る、と言われています。
・感染して症状が出るまで30~70年で、可能性は5%ほどと言われています。
・現在は、妊婦検診を受けていれば、母子感染を防ぐことができます。

from 成人T細胞白血病とは|症状・感染経路|STD研究所 性病の総合情報サイト

 

ヒト免疫不全ウイルス

上記

 

などによる感染例があります。

 

 

2)母子感染の予防

f:id:fromyakugakusei:20170507120757j:plain

母子感染の予防には、妊婦の疾病罹患予防と治療、出産時や出産後の出生時に対する適切な管理などが求められます。

 

特に、風疹では成人では軽微な症状で経過して治癒しますが、妊婦の初感染では胎児に重篤な障害を起こしますので、予防対策が非常に重要です。

 

また、日本ではB型肝炎の母子感染対策として1985年より「B型肝炎母子感染防止事業」を展開してきました。

これにより、妊婦検査の際にHB抗体価を調べて、キャリア妊婦への保険指導とその出生児に対する抗ウイルスグロブリン投与とHBワクチン摂取を行なっています。

 

このように対策はなされていますが、やはり自らの予防と対策が必要です。

子供を授かろうとする前に検査をされる事を強くお勧めします!

 

検査をして安心して子供を産める状態にしましょう!