読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from薬学生・プロ選手

本当の本当です。現役薬学生と元歌舞伎町No.2ホスト、現海外プロサッカー選手が贈る記事。

《トークさえ上手けりゃモテるんだから》TYPEで変わる黄金比 モテる方法載ってます

 

f:id:fromyakugakusei:20170426153600j:plain

人間は見た目。

今までほとんどの人がそう感じて来たと思いますが、実際にそうではありません。

私が生きて来て1番大切にしてきたのはトークです。

そんな今日は周りの人の引きつけ方、異性との会話について話して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

1           視線を集めることから

 

 

 

モテる人は必ず見た目が良いとは限りません。

女性はもちろん見た目も気にしますが、どんなにイケメンと付き合っても結局会話が弾まないと不満を感じるものです。

では何が必要なのか。

それは

自分でトークをまわすことです。

みんなで話す時友達といる時など自分がトークの中心である事が大切なのです。

 

女性は意外と周りの目も気にします。

友達が多い、人気がある。

これはモテることに欠かせない要素なのです。

この人がいると会話が弾むって人や話が面白い人は必ず視線を集める事ができます。

 

モテない諸君!

まずは視線から集めよう👍

 

 

 

 

2       話題は何でもOK

 

f:id:fromyakugakusei:20170426153658j:plain

 

実際に話題の内容なんてほとんど気にしてない人が多いんです。

人は何を気にするかと言うと1番沈黙を恐れます。

皆さんも経験があると思いますが沈黙した後何を話せば良いのか、どのタイミングで話始めれば良いのか分からなくなる時があったと思います!

それは避けなければなりません。

 

次の話を始めるときに1番良い沈黙時間でも最高3秒ほどです。

それ以上空くとあの謎の空気になってしまいます。笑笑

 

しかし話題が分からない。って人がいっぱいいると思うんですがどんな話題でも構いません。

 

オススメは相手の細かい所を見てあげることです。

顔が可愛い。足が細い。スタイルいいね。

これは会った最初にさりげなく言うセリフで、トークの途中では爪や髪の毛など細かい所を見て褒めてあげましょう🌺

 

 

 

3         👨7:3 👩     👨6:4👩    👨5:5👩

f:id:fromyakugakusei:20170426153837j:plain

 

2人で女性と話す時ありますよね?

デート❤️などここぞというときありますよね?

この数字は

左側       男性

右側       女性

です。

女性と話す時はこのくらいの割合で話しましょう。

実際にどの割合が1番良いというのは相手のタイプや状況によって違います。

 

 

タイプ①

 

大人しくがっつりリードして欲しそうな女性場合には7:3が良いと思います。

しかしずっと自分ばかり話していては自己中や嫌われる可能性もあります。

ですから相手の表情などをみてしっかり聞いてあげる時間を作りましょう。

3をどのタイミングで入れるか、聞いてあげるかが大切なのです、

 

 

タイプ②

 

気分によってテンションが変わる女性

には6:4が良いと思います。

よくいますよね?笑笑

調子いい時には乗るけど、少しでも嫌なことがあるとすぐ落ち込む人です。

こんな人は話すとよくリアクションをしてくれますが、自分からも話してくれる女性でもあります。

 

しかし大切なのはテンションが低い時こそ話すべきです。

このタイプの人はテンションが低い時誰かにすぐ頼ろうとします、その時貴方が話をしつつ上手く聞いてあげることができれば相手からは好印象を持たれます!

 

 

 

タイプ③

 

相手はモテモテ女の子

の場合5:5が1番良いです。

基本的にモテる女の子は顔だけではありません。

男なれしてる事が多くトークも上手い事が多いです。

相手がモテる女性の場合普段は相手の話を聞いてあげると良いでしょう。

その代わり相手が困った時、相談があるときには自分の持ってる5の割合を存分に使いましょう。

 

 

 

更にトークの内容によって声のトーンを変えるとよりモテると思います。

声のトーンだけで周りの視線を集めることができますし、異性が落ち込んでいる時声のトーンを落として真剣に聞いてあげると相手もより話やすくなると思います。

 

盛り上げるとき、盛り上がったとき。

 

普通に話してるとき

 

相手を慰めるとき、話を真剣に聞くとき

 

この3つを意識しましょう。

 

いかがでしたか?

皆さんも是非モテモテになってカリスマを目指してみて下さい!